注目

クエン酸摂取週間

つい最近まで、日本の家庭にはどこの家庭にも、その家の自慢の梅干がありました。中国には太古から「烏梅(ウバイ)」という梅が原料の漢方薬があります。

西洋では、18世紀、イギリスが「大英帝国」を築き上げようとして、世界中に遠征艦隊を派遣したとき、その艦隊にレモンを積んでいたことは有名な話です。

そのイギリスで1937年にクレブス博士が「クエン酸サイクル学説」でノーベル賞を授与されました。その学説の酢(クエン酸)が健康にいいという証明を科学的に認知させたといえるでしょう。

●酢の効果効能は多くありますが、その一つの効能の疲労回復のメカニズムをみてみましょう。1)疲労回復に効くお酢の成分は「酢酸」です。

★酢酸は体内にはいると「クエン酸」に変わります。

(2)エン酸は疲れの元になる「乳酸」の発生を抑えたり、取り除いたりします。

(3)デスクワークで長い時間、パソコンを使い疲れた目や、肩こりにも効果的です。

私は仕事柄、パソコンをよく使うので、肩がこりやすいのです。一時期、吐き気をもよおすほどでしたが、定期的にお酢を摂っていると肩こりに悩むことがなくなりました。

ここで今が旬の酢の料理のレシピを紹介しましょう。

●サラダ菜の酢味噌あえ

★用意する材料

(1)サラダ菜2束

(2)ワカメ2分の1束

(3)生姜 1かけら

(4)酢味噌 味噌大匙5杯、砂糖大匙5杯半、酢大匙2杯  これを良くかき混ぜておきます。

★作り方

(1)サラダ菜は、1枚、1枚はがしてよく洗い水を切っておきます。

(2)ワカメ水でもどしまして筋を取り、4,5センチに切ります。

(3)生姜は、細く切って、「針生姜」にします。

★盛りつけ方

最初に、まず酢味噌を敷いて、その上にサラダ菜とワカッを盛りつけます。

生姜は大盛です。

●クエン酸カクテル

★材料

(1)日本酒、焼酎、ウイスキー、ワインなど自分の好きな酒。

(2)クエン酸

★つくり方

(1)適量のクエン酸を入れる。

(2)よくかき混ぜて、その酒本来の味に、クエン酸の味が生かせるようにします。

3)クエン酸を入れすぎると、肝心のその酒本来の味を無くしてしまいますので注意してください。

残された道はヒゲ脱毛しかない!

男性は大別すると、ヒゲが似合う人とそうでない人に分かれると思うんですよね。

ちなみに私が思う、ヒゲが似合う人っていうのは、男らしい顔つきで、体格もがっしりしていて、なんというか、こうワイルドな風貌をしている人です。

そういう人は、ヒゲが生えてきても、別に問題ないというか、むしろメリットだと思うんですよね。

一方で、ヒゲが似合わない人というのは・・。それとは真逆に位置する人です。例えば、色白で、中性的な風貌で、体格もどちらかというと華奢な感じ。つまり私のようなタイプです・・。

こういう人はヒゲが本当に似合いません。いや、似合う人もいるけれど、結局そういう人っていうのは、イケメンで何をやってもカッコいい人たちなんですよ。

でも私はそうじゃありません。しかも最悪なことに、私のヒゲは、異常に伸びてくるのが早くて、1日に2,3度の髭剃りを余儀なくされるんです!

これがねえ、ほんと厄介で、何とかならないものかと、悩んでいるところです。朝出勤前に髭剃りをしても、昼過ぎごろには、うっすらとヒゲが伸び始めてきます。

その様子はさながらドロボーヒゲのようで、ものすごく嫌になってしまいます。この悩みを解決するために、いくつかの対策を講じたことがあります。

まず一つ目は、ヒゲを剃るのではなく、抜くということです。これは正直言って全く効果はありませんでした。ただただ痛いだけで、口の周りが荒れる結果となってしまいました。

次に講じた対策は、日焼けサロンに通って、ヒゲを目立たなくする、ということです。これで、幾分ヒゲは目立たなくなったのですが・・。

結局ヒゲは生えてくるので、根本的な解決とはなりません。となると、残る対策は、やはり脱毛しかありません。ですので、今現在、メンズ用の脱毛サロンをあれこれと探しているところです。

私は職場がなんばなので、難波駅近くのヒゲ脱毛サロンを探していますよ。早く予約をしなければ!

※私が参考にしているサイト・・・ヒゲ脱毛難波